スポンサード リンク

2007年07月21日

青柳塁斗さんの藤、ドラマ砂時計のあらすじ42話後半での名場面

青柳塁斗&砂時計ということで、本サイト「砂時計」のあらすじの中から、青柳塁斗さんが演じた藤の中高生時代に焦点を合わせ、青柳塁斗さんのシーンをピックアップして紹介してます。


1998年 18才 冬
「ダメ!やめて藤君」という杏の言葉で砂時計を投げ捨てるのを止めた藤…。
「俺は大悟の代わりにはなれないよ」そう言い、砂時計を杏に手渡して歩いていきます。

年が開け、初詣に来ている杏と藤、そう杏が藤を誘ったのでした。
「久しぶりだな。旅行の時以来か」と言う藤に杏が思い切って言います。
「あのね藤君、今日誘ったのは…」とそこまで杏が言った時、さえぎるように藤が言います。
「ちゃんとさよならを言おうと思ってっていう事だろ」
「それもある。でももっと言いたい事がある」そして杏は続けます。
「藤君のこと、本当に好きだったの。なのにいっぱい傷つけて、あたし幸せになれないよね。…ごめんなさい」
すると藤はそれに「なれたよ、もう」とさっぱりした表情で言います。
そして、「大悟、歩と付き合っているけどどうする」と聞きます。
「忘れる。もう思い出にする」「さっきもお願いしたの」と初詣で願ったと言う杏。
「行くよ。初詣誘ってくれて嬉しかった」と杏を抱きしめます。
そして「杏は絶対しあわせになれるよ」と言います。
「藤くん」と言う杏、そして藤は歩いていきます。

藤は杏と分かれた帰り道で、配っていた風船を一つ貰います。
その風船に、自分と杏の二人で写っている写真を貼り、空に飛ばす藤。


青柳塁斗さん演じる藤の、今後の杏とのことを示している回でした。
青柳塁斗さんの表情いいです、風船を飛ばす時とか。
杏の気持ちがいつでも1番の藤なんですよね。

2007年07月12日

青柳塁斗さんの藤、ドラマ砂時計のあらすじ41話少しと42話前半での名場面

青柳塁斗&砂時計ということで、本サイト「砂時計」のあらすじの中から、青柳塁斗さんが演じた藤の中高生時代に焦点を合わせ、青柳塁斗さんのシーンをピックアップして紹介してます。


カナダ留学を控えた椎香のお別れ会のために、二人は島根に帰るんですね、しかし未だキスもしていない杏と藤だったが…。
椎香のお別れ会に誘われたときに藤は杏に「帰りに旅行でも行かないか」と誘っていました。

藤は駅に向かう途中、大悟と道で偶然会います。
杏を藤の方が合っているから頼むという大悟、いつまでも自分の物のように言うなと藤、二人は「じゃあな」と別れ、藤は駅に着きます。
「藤君、遅い」と杏がそこでは待っていました。

岬で杏がある決心をして藤に言います。
「ねえ藤君。私決めた事があるの」「決めた事?」と答える藤。
「これ、捨てようと思って。もういらないから。いつまでも持っててもね」と杏は砂時計を捨てる事を藤に告げます。
「いいのか」と言う藤に杏が言います。
「うん」「藤君がいてくれるから必要ない」と言い、砂時計を海に投げ捨てます。

その夜、藤と杏は一緒に泊まるのですが、藤がキスをしようとすると…。
杏が身を引いてしまいます。
「ごめんなさい」という杏に藤は「いいよ」と。
「ごめんなさい」という杏…。

翌朝、浜辺を歩いている杏はいろいろな事を考えていました。
そして海を見ている杏の目に入ってきた物、それは杏が投げ捨てた砂時計でした。
そう、浜辺に打ち上げられてきていたのです。
それを拾い杏は「どうして」「捨てたのに」と言うと同時に突然藤がやって来て、その砂時計奪い投げ捨てようとします。
「ダメ!やめて藤君」
投げ捨てる寸前で止める藤。


青柳塁斗さん演じる藤はこの時、自分ではダメだと打ちのめされたんでしょうね、自分ではないと…。
青柳塁斗さんの藤は、辛すぎますよね。

2007年07月03日

青柳塁斗さんの藤、ドラマ砂時計のあらすじ40話後半での名場面

青柳塁斗&砂時計ということで、本サイト「砂時計」のあらすじの中から、青柳塁斗さんが演じた藤の中高生時代に焦点を合わせ、青柳塁斗さんのシーンをピックアップして紹介してます。


ハンカチを握り締めて藤の所へ急ぐ杏。
杏が待ち合わせの橋の所へ来ますが、そこには藤からのプレゼントだけが置いてありました。
「あたりまえか…」

杏が歩き出し、髪を下ろした時…
「杏」と藤の声がします。
振り返る杏、「藤君」
「来てくれたんだ」そうです、藤はずっと待っていたんですね。
「藤君…」と杏、「どうしたんだ」と藤。
「だって、だって…。ごめんなさい、あたしどうしてこうなんだろう」っと涙ぐんでいる杏。
「俺なんかのために泣くなよ。なっ。」と優しく声をかける藤。
「藤君はいつもそうしてくれるね」
「世界中の誰も知らないけど私は知ってるって思う事があるの」
「藤君は世界中で一番優しいんじゃないかって思うの」と杏は打ち明けます。
「優しくなんかないよ、嫉妬もするし、大悟なら笑わせられるんだろうけど、俺には出来ない」
「だから、ただ一緒にいる。バカみたいだろ」と言う藤に杏は言います。
「一緒にいて」、藤「えっ」
「これからも一緒にいて、下さい」と杏は藤に身を寄せます。
杏を抱きしめる藤。
藤の元に飛び込み抱きしめられた杏。
杏の藤の背に手を回します…。


青柳塁斗さん演じる藤の一番最高の場面ですね。
やっと想っていた杏と繋がった瞬間ですが…。
青柳塁斗さんの藤が、杏っと出てくるところのシーンが特に良かったですね、藤!!!でしたよ。

2007年06月26日

青柳塁斗さんの藤、ドラマ砂時計のあらすじ40話前半での名場面

青柳塁斗&砂時計ということで、本サイト「砂時計」のあらすじの中から、青柳塁斗さんが演じた藤の中高生時代に焦点を合わせ、青柳塁斗さんのシーンをピックアップして紹介してます。


杏と藤、大悟と歩が出会い、動揺する杏。
歩き出し、藤が聞いても「いいの」と言う杏。

ベンチでパンプスを直した杏に藤が手を差し出すと「来ないで」と離れます。
「悲しいんじゃないんだ」「ちょっとビックリしただけ」「すぐおさまると思うから」と涙を流し泣いている杏に、藤はそっとハンカチを差し出します。
それを受け取る杏…。

そしてその夕方、杏のバイト先の喫茶店で、杏は藤にお礼を言った後「みっともない所見せてごめんね」「ハンカチ、洗って返すからね」と言うと、藤が杏に言います。
「杏の誕生日、何でもいいからお祝いさせてくれないか」そう言い、映画でも見に行こうというのですが、本題はここからでした!!!!
「こうのづの橋で、夕方5時に待ってる」
「来てくれたら、それを答えと思っていいかな」そう言う藤。
「藤君…」と杏。
「来てくれなかったら諦めるから」と藤は杏に言います。

杏の誕生日、バイト先であさちゃん達に藤に会いにいけないと話し、家に帰った杏、時計は8時32分を指しています。
藤の、待っていると言った時の言葉を思い出す杏。
藤のハンカチを握り締めながら「俺だって初めてだよ、12の時からずっと」と言った藤の事がめぐり、杏は抑えきれなくなり、家を出て藤の所へ向かいます。
時刻は9時前。


青柳塁斗さん演じる藤が、杏の様子に自分も覚悟を決めたんですね。
そして杏の気持ちのなかに蘇る、青柳塁斗さん演じる藤!!
青柳塁斗さんの待つっていうかそれを感じさせる表情がいいです。

2007年06月21日

青柳塁斗さんの藤、ドラマ砂時計のあらすじ39話での名場面

青柳塁斗&砂時計ということで、本サイト「砂時計」のあらすじの中から、青柳塁斗さんが演じた藤の中高生時代に焦点を合わせ、青柳塁斗さんのシーンをピックアップして紹介してます。


庭で小さい時のいたずらの事で笑っている藤と椎香の二人。
「お父さんとお母さんとちゃんと話したのか」と言う藤に首を振る椎香。
「一人で溜め込むなよ。もし言いたい事があったら、ぶつけてみろよ」と椎香に言う藤、そして…。

藤と椎香が両親に思いをぶつける時が来ます。
両親と向かい合って座っている藤と椎香、そして思い切って椎香が口を開きます。
「私、自分が誰の娘か知ってます」
「どうしてずっと隠してたの。そんなの優しさじゃない」
母親が本当の気持ちを椎香に言います。
すると父親も本当の気持ちを打ち明けます。
両親の気持ちを聞いた椎香が「私、変わりたい」「高校も変わって、何もかもやり直したい」「だからお願い。この家から出さして」と言います。
藤も「僕からもお願いします」と添えます。
二人の真剣な願いに、父親は許してくれました。

部屋に戻った椎香と藤、椎香が言います。
「私、ちゃんと話して良かった」
「この家に私の居場所が見つかった気がする」
「お兄ちゃんがこんなに頼りになるなんて知らなかった」
「お兄ちゃん、変わったね。杏ちゃんの所為?」と言い、藤に杏が必要だと思うとまで言います。

10日。
杏のバイト先の喫茶店に藤が来ています。
コーヒーを運んで杏が藤の前に座り、返事を言います。
「考えたよ、あれから」「もう一生なんて言わない」「でも、すぐに藤君と付き合う事は出来ません」「もう少し時間を下さい。ちゃんと考えるから」と杏、そして。
「こういうのって、虫が良すぎる?」
藤、一言「うん。」一応納得する藤。


青柳塁斗さんの藤の兄らしい部分がメインですが杏からの返事も見所でした。
青柳塁斗さんの藤…納得…まぁしかたないですね、でも良い感じでした。